2015年01月23日

本日のDMM英会話 "Business -Telephoning 05-" Making an Inquiry

business_call6.jpg

Abbott is calling Janet of Bright Communications to ask something.
<アボットさんは、ブライトコミュニケーションのジャネットさんに何かを聞くために電話をかけている。>

Representative: Hello, this is Janet of Bright Communications. How can I help you today?
<代表者:もしもし、こちらはブライドコミュニケーションのジャネットです。どのようなご用件でしょうか?>

Mr.Abbott: Hello. I'd like to inquire about a new product advertised in your website.
<もしもし、あなたのウェブサイトで広告されている新製品について問い合わせたいことがあるのですが。>

Representative: What product are you interested in?
<どんな製品にご興味がありますか?>

Mr.Abbott: It's the Xporazia Z.
<エクスポラジアZです。>

Representative: Well, it has 5-inch 1080p display, a 1.5GHz quad-core Snap dragon processor and a 13-megapixel auto focus camera.
<えーと、その機種は5インチの1080pのディスプレイ、1.5GHzのクアッドコアのスナップドラゴンプロセッサーと、13メガピクセルのオートフォーカスのカメラを装備しています。>

Mr.Abbott: What else is special about it?
<そのほかには、どんな特別なことがありますか?>

Representative: It is an Android 4.1 Jelly Bean.
<アンドロイド4.1ジェリービーンです。>

Mr.Abbott: That's great. How do I purchase it?
<それはすごいですね。どのように購入すればいいんですか?>

Representative: You may buy it online or directly from our store.
<オンラインでも購入できますし、店舗から直接買うことも出来ます。>

Mr.Abbott: Can I pay through cash or credit card?
<現金でもクレジットカードでも代金が払えますか?>

Representative: Either one will do. Is there something else you want to ask about?
<どちらでもOKです。そのほかにはご質問はありますか。>

Mr.Abbott: That's all for now. Thank you!
<今のところ、それ以外はありません。ありがとう。>

Representative: You're welcome. Have a nice day!
<どういたしまして。良い一日をお過ごしください。>

-----------------------------------------------------------------
How can I help you today?:本日はどのようなご用件でしょうか?
inquire about:〜について質問する、問い合わせをする
What else〜?:他には何が〜
Can I pay through cash or credit card?:現金かクレジットカードで支払いできますか?
will do:OKです、構いません。
That's all for now.:今のところ、それが全てです。(今のところ、それだけです。)

今回は、商品やサービスについての問い合わせに使える英語表現でした。
オンラインでカタログなどを公開している企業も多いですが、詳細情報は載っていなかったりしますので、
実際に足を運んだり、メールで問い合わせをする時間を省くためにも、電話で使える基本的な表現を覚えておきましょう。

今回の記事が少しでもお役に立てたら、下のバナーをポチッとしてもらえると、今後の励みになります。
↓Thank you for your kind support as always! (^o^)/ ↓



英会話を今年こそ初めてみよう!と思っている方は、一ヶ月¥3950で毎日25分の個人レッスンを受けられる、DMM英会話をオススメします。日本の英語教育で最も不足している「話すスキル」を高めることで、中学から学んできた、リスニング、ライティング、リーディングなどの総合的な英語力が高まると実感しています。
無料レッスンはこちらから
ラベル:call inquiry business
posted by アキ at 06:00| Comment(0) | レッスン復習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

本日のDMM英会話 "Business -Telephoning 04-" Placing an order

business_call.png

Ms. Brooks is calling Mr.Goodman to make an order for something.
<ブルックさんは、グッドマンさんに注文のための電話をかけている。>

Tina Brooks: Hello, this is Tina Brooks from Insular Co., calling. May I speak to Mr.Goodman?
<もしもし、こちらはインシュラーコーポレーションのティナ・ブルックです。グッドマンさんとお話したいのですが。>

Luke Goodman: Hello, Ms.Brooks, this is Luke Goodman.
<こんにちは、ブルックさん。私がルーク・グッドマンです。>

Tina Brooks: Hello, I would like to place an order for a number of your Ruby office chairs.
<こんにちは、私はラビーオフィスチェアをいくつか注文したいと思っています。>

Luke Goodman: Certainly. How many are you interested in purchasing?
<かしこまりました。いくつご購入されるおつもりですか?>

Tina Brooks: Just a few for now. Do you have plenty of those available in the warehouse?
<とりあえず、2、3脚だけです。倉庫に在庫がたくさんあるのですか?>

Luke Goodman: We keep a large supply in stock. There's also a showroom with quite a few on hand. It shouldn't be a problem.
<私達はかなりの在庫を持っています。ショールームにもかなりの量がありますので、問題ないはずです。>

Tina Brooks: Well, then. I'd like to 60 units on the first week of the month. Could I get an estimate of my order?
<それでしたら、今月の第一週に60脚お願いします。注文の見積書をいただけますか?>

Luke Goodman: Certainly. I'll have it for you by the end of the day.
<かしこまりました。本日中には送らせていただきます。>

Tina Brooks: What does estimate include?
<見積書には何が載っているのですか?>

Luke Goodman: It includes merchandise, packaging and shipping, duty if required, any taxes and insurance.
<見積書には、商品代金、梱包費、送料、関税、また必要であれば税金や保険料が載っています。>

Tina Brooks: Do you ship door-to-door?
<商品は玄関まで運んでくれるんですか?>

Luke Goodman: Certainly. All shipments are door-to-door. Delivery dates depend on your location, but we can usually deliver within 10 business days.
<もちろんです。全ての荷物は玄関までお運びいたします。配達はお客様の送り先によりますが、通常10営業日でお届けすることが出来ます。>

Tina Brooks: Thank you very much.
<ありがとうございます。>

Luke Goodman: My pleasure. You can expect an email by 3 o'clock this afternoon.
<どういたしまして。午後三時までにe-mailをお送りいたしますね。>

---------------------------------------------------------
make[place] an order:注文をする
a number of N:かなりの量の、いくつかの〜
Certainly:確かに。承知しました。もちろんです。
warehouse:倉庫
in stock:在庫として
quite a few:かなり多数の
on hand:手元に、持ち合わせて、出席して。
It shouldn't be a problem.:問題ないはずです。
estimate:見積書
merchandise:商品
duty:関税
ship:(船・列車・トラックで)運ぶ
door-to-door:ドアからドアまで
business days:営業日
My pleasure.:""Thank you"と言われた時に対して、返す言葉。=どういたしまして。

今回は、いかがでしたでしょうか。
インターネット上で、オーダーフォームが整備されることが多くなってきたので、注文を電話でする機会は意外と少ないかもしれません。しかし、急ぎの注文や詳細確認などにはメールではなく、電話を使うこともあると思いますので、基本的な表現を覚えておきましょう。

今回の記事が少しでもお役に立てたら、下のバナーをポチッとしてもらえると、今後の励みになります。
↓Thank you for your kind support as always! (^o^)/ ↓

posted by アキ at 06:00| Comment(0) | レッスン復習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

本日のDMM英会話 "Business -Telephoning 03-" Leaving a Message

business_call5.jpg

Abbott is calling T & T Company to talk with Bond.
<アボットさんは、ボンドさんと話すために、T & T Companyに電話をかけている。>

Receptionist: Hello, this is Lenny of T & T Company.
<受付:もしもし、こちらは T & T Companyのレニーです。>

Mr.Abbott: Hello, this is Mr.Jim Abbott. May I speak with Mr.Bond, please?
<もしもし、こちらはジム・アボットです。ボンドさんと話したいのですが。>

Receptionist: I'm afraid Mr.Bond is not in at the moment.
<申し訳ありません、ボンドは今外出中です。>

Mr.Abbott: Could I leave a message?
<伝言を伝えてもらうことは出来ますか?>

Receptionist: Just a moment, let me get a pen. What would you want me to tell him?
<少々お待ちください。ペンを用意しますので。何を彼にお伝えすればよろしいでしょうか。>

Mr.Abbott: Please tell Mr.Bond that our shipment has been delayed. He can expect for it to arrive by Friday next week.
<ボンドさんに、船の積荷が遅れてしまいましたが、来週の金曜までにはお届けできると思います、と伝えてください。>

Receptionist: All right. Is there anything else?
<かしこまりました。そのほか何かありますか?>

Mr.Abbott: I need to speak to him on an urgent matter. Please tell him to call me as soon as he gets in.
<緊急のことで、彼と話したがしたいので、彼が会社に戻ったら私に電話をくれるようにお願いしてもらえますか?>

Receptionist: Can I have your number?
<お電話番号を伺ってもよろしいでしょうか。>

Mr.Abbott: He already has my number.
<彼はすでに私の番号を知っています。>

Receptionist: Alright, I'll make sure that he gets your message as soon as he arrives.
<分かりました。彼が戻ったら、あなたのメッセージを間違えなくお伝えするようにします。>

Mr.Abbott: Great! Thank you for your help.
<それはよかった、ありがとう。>

Receptionist: You're welcome.
<どういたしまして。>

Mr.Abbott: Goodbye.
<では、さようなら。>

-------------------------------------------------------------
This is 氏名 of 会社名.:私は、○×会社の△□と申します。
May I speak with Mr.男性名/Mrs.女性名, please?: 〜さんとお話ししたいのですが。
I'm afraid Mr.男性名/Mrs.女性名, is not in at the moment.:残念ですが、△□は只今社内におりません。
What would you want me to tell him?:私に何と彼に伝えてもらいたいのですか?(どのような用件をお伝えすればよいでしょうか?)
He/She can expect for it to arrive by Friday next week.:来週の金曜までには到着すると思っていただいて構いません。(来週の金曜までには到着します。)
Can I have your number?:電話番号をお伺いしてもよろしいでしょうか。
I'll make sure that he/she gets your message as soon as he/she arrives.:私は彼が到着し次第、あなたのメッセージを確実にお伝えします。
Thank you for your help.:サポートしてくれて、ありがとう。


自分が相手のメッセージを預かる側になるのか、メッセージを残す側になるか分かりませんので、両方の表現をセットで覚えてしまいましょう。

今回の記事が少しでもお役に立てたら、下のバナーをポチッとしてもらえると、今後の励みになります。
↓Thank you for your kind support as always! (^o^)/ ↓

posted by アキ at 06:00| Comment(0) | レッスン復習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

本日のDMM英会話 "Business -Telephoning 02-" Taking a Message

business_call4.jpg

Abbott is calling J & M Imports, trying to talk with Carson.
<アボットさんがJ&M Importsに電話をかけて、カーソンさんと話そうとしている。>

Receptionist: Hello, this is J & M Imports. Good morning! How may I help you?
<受付:もしもし、こちらはJ&M Importsです。おはようございます。今回はどのようなご用件でしょうか。>

Mr.Abbott: Could I speak to Mr.Carson, please?
<カーソンさんと話すことはできますか?>

Receptionist: Who's calling, please?
<お名前を伺ってもよろしいでしょうか?>

Mr.Abbott: This is Jim Abbot.
<私はジム・アボットといいます。>

Receptionist: I'm sorry. I didn't get your name.
<すみません。お名前を聞き取れませんでした。>

Mr.Abbott: Jim Abbot. That's A-B-B-O-T-T.
ジム・アボットです。(スペルは、)A-B-B-O-T-Tです。

Receptionist: Thank you, where are you calling from?
<ありがとうございます。どちらからおかけでしょうか?>

Mr.Abbott: Happy Marketing.
<ハッピーマーケティングです。>

Receptionist: OK, Mr.Abbott. I'll try to put you through. I'm sorry the line is busy. Would you like to be put on hold?
<分かりました、アボットさん。お繋ぎします。すみません、只今話し中のようです。保留にいたしましょうか?>

Mr.Abbott: Could I leave a message?
<伝言を伝えていただけますか?>

Receptionist: Certainly.
<もちろんですとも。>

Mr.Abbott: Could you tell Mr.Carson that I already sent the documents through Fed Ex? It should arrive by Tuesday.
<カーソンさんに私はすでに書類をFedExで送ったとお伝え願えませんでしょうか。火曜までには到着する予定です。>

Receptionist: Documents sent through FedEx. will arrive by Tuesday.


Mr.Abbott: Yes, and could you ask him to call me back when the documents arrive?
<そうです。それから書類が届いたら、彼に私に電話をもらえるようにお願いしていただけないでしょうか。>

Receptionist: Sure. Could you give me your phone number, please?
<もちろんです。電話番号をお伺いしてもよろしいでしょうか。>

Mr.Abbott: Yes, it's 714-865-4821.
<はい、714-865-4821です。>

Receptionist: That's 714-865-4821.
<714-865-4821ですね。>

Mr.Abbott: Yes, that's right. Thank you.
<間違いありません。ありがとう。>

Receptionist: You're welcome! Good bye.
<どういたしまして。それでは、失礼します。>

-----------------------------------------------------
Hello, this is 社名. Good morning! How may I help you?:もしもし、こちらは○×社です。どのようなご用件でしょうか。
Could I speak to Mr.男性名/Mrs.女性名, please?:○×さんと話したいのですが。
Who's calling, please?:お名前を伺ってもよろしいでしょうか?
This is 氏名 (speaking).:私は、○×という名前です。
I didn't get your name.:あなたの名前が聞き取れませんでした。
put someone through: (電話で)相手を取り次ぐ
I'm sorry the line is busy.:残念ですが、話し中です。
Would you like to be put on hold?:保留にしてお待ちになりますか?
Could I leave a message?:伝言を残したいのですが。
It should arrive by Day or Date.:〜までには届くはずです。
Could you give me your phone number, please?:電話番号をお伺いしてもよろしいでしょうか。
It's 714-865-4821.:電話番号は、〜です。
That's 714-865-4821.:電話番号は、〜ですね。(日本語同様、復唱して確認することが重要)

普段の仕事で、海外とのやりとりに使うのはE-mailでも、急ぎの用件などは電話を使ってコミュニケーションをとることがあると思います。

電話をかける必要のある時は、妄想の中で、今回ご紹介した、使えるフレーズを練習しておきましょう。本番さながらの緊張感を感じながら、練習していれば、本番でも英語が出てくるようになります。

日本語訳とペアで覚えようとすると、英文の意味が出てこなくなるので、英文をそのまま暗記してしまうことをオススメします。

今回の記事が少しでもお役に立てたら、下のバナーをポチッとしてもらえると、今後の励みになります。
↓Thank you for your kind support as always! (^o^)/ ↓

posted by アキ at 06:00| Comment(0) | レッスン復習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

本日のDMM英会話 "Business -Socializing 10-" Being fired

getting fired.jpg

Due to the economic crisis the company has had to do some firings to reduce costs.
Ross is one of the people being fired.
<経済危機によって、コスト削減のために会社は何人かを解雇しなければならなくなった。ロスは、解雇対象者の一人である。>

Ross: Hello sir, I heard I was summoned?
<こんにちは、私をお呼びだと伺いましたが。>

Boss: Yes, have a seat. I have some unsatisfactory news for you.
<そうだ、まぁ座ってくれ。君に良くないニュースがあるんだ。>

Ross: What happened?
<どうしたんです?>

Boss: You know the economic crisis has hit us very hard and we're finding it quite troublesome to keep from going red.
<経済危機が私達の会社を襲っているのは知っていると思うが、経営が赤字になることは免れることができないことが分かったんだ。>

Ross: Yes, we have been working really hard to make ends meet.
<はい、それでなんとか赤字にしないために、私達は一生懸命に働いてきました。>

Boss: Unfortunately it hasn't been enough. We are forced to fire some employees.
<残念なことに、それだけでは足りなくなったんだ。私達は何人かの従業員を解雇せざるを得なくなったんだ。>

Ross: Am being fired?
<私がやめさせられるんですか?>

Boss: Yes Ross, we have to let you go. We also have a severance package that includes the current month's pay and the next month's.
<そうだ。ロス、私達は君を解雇しなければならないんだ。私達は(君のために)今月と翌月分を含んだ退職金も用意している。>

Ross: This is terrible, what am I going to do?
<これはひどいですね、私は(今後)どうすればいいんでしょうか。>

Boss: We can also help you find a job in the field, write you letters of recommendation.
<私達は同業種で君の再就職をサポートすることができる。推薦状を書くこともできる。>

Ross: Thank you. I could really use that.
<ありがとうございます。そうしていただけると幸いです。>

Boss: I'm sorry Ross, and good luck with your life.
<申し訳ない、ロス。君の(今後の)人生に幸運を祈っているよ。>

---------------------------------------------------------------------
due to N:〜が原因で、〜の結果
summon:人を呼び出す、召集する
have a seat:着席する
go red:(経営が)赤字になる
troublesome:やっかいな、面倒な、手に負えない
make ends meet:なんとか収入の範囲内でやっていく
severance package:退職金
help someone to V:人が〜するのを手伝う
letters of recommendation:推薦状
good luck with your N:あなたの〜に幸運を祈っています

日本では、懲戒免職などを除いては、従業員の解雇というはあまり一般的な話題ではないかもしれませんが、今後はビジネスの海外移転、システム開発による省人化、グローバル化による低賃金労働者の流入、円安化などにより、大企業も含めてどんどんと解雇が進むのではないかと思います。

毎日忙しい中、このブログを読んで英語を学ぼうとしているあなたは、Rossのような悪いニュースを聞くことはないと思いますが、今後もコツコツと継続して自分のスキルを磨いていきましょう。

私は、英会話レッスンを毎日決まった時間に予約することで、日々の習慣にしてからは、意思の弱い私でも、頑張らなくても続けられるようになりました。

なので、これから、英会話を始めようと考えている人は、毎日受講できるプランをオススメします。





少しでもお役に立てたら、下のバナーをクリックしてもらえると、今後の励みに繋がります。
↓Thank you for your kind support as always! (^o^)/ ↓

ラベル:business FIRED job
posted by アキ at 13:56| Comment(0) | レッスン復習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする