2015年03月11日

本日のDMM英会話 "Business -Telephoning 10-" Making an appointment

appointment.jpg

Mr.Daniels has contacted Mr.Stein's office to make an appointment.
<ダニエルさんは、ステインさんのオフィスにアポイントメントを取るために連絡している>

Mr.Daniels: Hello, I'm Daniels. Is this Mr.Stein's office?
<もしもし、私はダニエルです。こちらは、ステインさんのオフィスでしょうか。>

Secretary: Hello Mr.Daniels, yes it is. How may I help you?
<こんにちは、ダニエルさん。そうです。ご用件はなんでしょうか。>

Mr.Daniels: Well, I talked to Mr.Stein about a week ago and he told me to make an appointment for this week, because he might have an opening position at the office.
<えーっと、私はステインさんに一週間ほど前話したんですが、彼に今週にアポを取るように言われたんです。彼はオフィスで空いている時間があるかもしれないということで。>

Secretary: Yes, he does have a new opening.
<えぇ、彼には空き時間がありますよ。>

Mr.Daniels: Can I set up an appointment?
<アポを取ることはできますか?>

Secretary: Certainly. Stein seems to have quite a busy schedule, but he does have an open slot at 4 p.m. on Thursday. Would that be OK?
<もしろんです。ステインのスケジュールは立て込んでいますが、木曜の午後4時に空きがあります。大丈夫ですか?>

Mr.Daniels: That would be splendid. Could you book that for me?
<それは素晴らしい。予約をしてもらえないでしょうか。>

Secretary: I surely will. We will be waiting for you at 4 p.m. on Thursday.
<もちろんです。木曜の午後4時にあなたをお待ちしております。>

Mr.Daniels: Thanks, I'll be there on Thursday.
<どうも。それでは、木曜にまたここに来ますね。>

------------------------------------------------------------------------------------
make an appointment: アポを取る、時間を予約する
Can I set up an appointment?:アポを取ることはできますか?
have an open slot:空きがある
That would be splendid.[great]:それはいい。(好都合だ)

私達も日常生活では、美容院、歯医者などに行くときには、アポを取ることがあります。
ここで使われている表現は難しいものではありませんが、何度が声に出して気持ちをこめて練習することで、
ふとした時にでも、自然と口に出てくるようになります。
ビジネスをしている方なら、今後ますますクライアントが外人さんである機会も増えてくると思いますので、今のうちに覚えてしまいましょう。

今回の記事が少しでもお役に立てたら、下のバナーをポチッとしてもらえると、今後の励みになります。
↓Thank you for your kind support as always! (^o^)/ ↓



ラベル:appointment MAKE
posted by アキ at 06:00| Comment(0) | レッスン復習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月07日

6ヶ月振りのTOEICテストの結果は…

ここしばらく、更新が止まってしまっていたのは、TOEICのテストのために、今までDMMで受けてきたレッスンを復習していたからです。

ほぼ半年ぶりのTOEICテストだったので、不安だったのですが、実感としては今までやってきたことを出し切れたと思います。せっかく高い受験料を払って受験するので、分からない問題があっても、最後の1分まで頭を絞りました。(TOEICテストは、すべてが選択肢による回答なので、この"粘り強さ"がスコアアップにつながります。)

そして、届いた結果は…945点。
前回から30点アップして、自己新記録達成しました。これも、毎朝25分間、眠気まなこをこすりながら、コツコツと英会話レッスンを続けてきた結果だと思います。
まだまだ、ネイティブスピーカーとフルスピードで話せるほどの会話力はありませんが、これからも990点を目指して頑張っていくつもりです。
また、このブログを書くことで、今までの学習内容が頭の中で整理できたことも、点数アップの大きな要因だと思っています。
ブログ更新が途切れがちになってしまっているにも関わらず、丁寧に読んでいただき、読者の皆さんにも感謝したい気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございます!!(涙)

TOEICスコアをベースにした、英語学習はコツコツとやっていけば、点数も上がっていきますので、ヤル気が継続しやすいのでオススメです。

とはいえ、これから英会話をはじめようと思っている人は、まずどこのスクールに入るべきか迷ってしまうと思いますが、実はそれよりも、"一日でも早く始める"ことのほうが大事だと、私は思っています。

なぜなら、「一日でも早く始めた分だけ、上達する」からです。
そして、次回のTOEICテストで点数がアップし、少しでも自分が上達したことが実感できると、ヤル気が出てきます。そうすると、学習も楽しく、集中できるようになるので、さらに英語も上達するという、ポジティブな上昇気流に乗れます。
当たり前ですが、何事も「自分ではじめない限り、いつまでたっても始まらない」ですから。

そして、この時期は英会話をはじめる絶好のタイミングです。私は、ヒドイ花粉症持ちなので、家から一歩も出ずにレッスンが受けられるSkype英会話のありがたみを、ヒシヒシと実感しているからです。

英語学習のモーチベーションを上げたい人は、季節が春になるにつれて、どんどん英語力がアップしていっている自分の姿をイメージしてみましょう。

たとえば、満開のサクラの木の下で、外国人の方々と花見をしながら、お互いの国の食べ物や文化について楽しく会話をしている自分をイメージしてみてください。
cherry_blossom.jpg

旅行が好きな方は、いますぐGWで行く国を決めて、チケットを買ってしまいましょう。あとは、旅行先でいろいろな国から来た旅行者と楽しく話したり、食事を一緒にしたりしている自分をイメージしてみてください。
travel.jpg

どうですか?かなり、ワクワクしてきませんか?

人間の心は、楽しいイメージに引き付けられていきます。すると、そのイメージの実現のために、どんどん行動できるようになります。つまり、英語学習を自分の趣味に結びつけると、その学習効果が大幅アップしますので、だまされたと思って試してみてくださいね。

はじめの一歩を踏み出すと決めた人は、無料レッスンはこちらから。
ラベル:コツ 学習
posted by アキ at 06:00| Comment(0) | TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月06日

本日のDMM英会話 "Business -Telephoning 09-" Giving directions to the office

giving_directions.gif

Mrs.Richard is asking the secretary of a law firm how to get to their offices.
<リチャード婦人は、法律事務所の秘書に、事務所への行き方を尋ねている。>

Mrs.Richards: Hello, this is Richards on the phone. We've talked yesterday.
<もしもし、私はリチャードを言います。私たちは昨日会話をしました。>

Secretary: Hello Mrs.Richards, good to hear from you. How may I help you?
<こんにちは、リチャードさん。ご連絡いただけてうれしいです。どのようなご用件でしょうか。>

Mrs.Richards: I am trying to get your office. I know your offices are downtown, so I'm there, close to the mall. Could you give me directions?
<私は、あなたの事務所に行こうとしています。オフィス街にあるのは知っていて、モールに近いところまでは来ています。道順をおしえていただけませんか?>

Secretary: Certainly, I'd be glad to. You go right past the mall and take a left on the corner with the newsstand. You will notice a big billboard with a cellphone ad. Are you following?
<もちろんですとも。喜んで。モールを通り過ぎて、雑誌販売店の角を左に曲がってください。そうすると、携帯電話の広告看板があります。ここまでは大丈夫ですか?>

Mrs.Richards: Yes, so far it's okay.
<はい、今のところ大丈夫です。>

Secretary: Then just walk straight and take the third right and you're there.
<そうしたら、まっすぐ歩いていき、3ブロック目を右に曲がってください。そうしたら、到着です。>

Mrs.Richards: I got it. Sorry for the trouble.
<わかりました。お手数かけてしまい、すみませんでした。>

Secretary: Not at all.
<全然そんなことはありませんよ。>

Mrs.Richards: Thanks for your help. See you in a bit.
<助けてくれてありがとうございました。それでは、また後ほど。>

Secretary: I will be here waiting for you at the front desk. See you later.
<私はフロントデスクであなたをお待ちしております。それでは、また後ほど。>

-----------------------------------------------------------------------------------
Could you give me directions to 〜?:〜への行きかたを教えていただけませんか?
Certainly, I'd be glad to.:もちろん、喜んで。
take a left on the corner with 〜: 〜の角を左に曲がってください。
Are you following?: 今のところ大丈夫ですか?(理解できていますか?)
so far: 今までのところ
take the third right and you're there:3つめのブロックを右に曲がってください。そうすると到着です。
I got it.: 分かりました。(了解しました。)
Sorry for the trouble.:お手数おかけしてすみません。


今回の記事が少しでもお役に立てたら、下のバナーをポチッとしてもらえると、今後の励みになります。
↓Thank you for your kind support as always! (^o^)/ ↓

ラベル:give directions
posted by アキ at 08:34| Comment(0) | レッスン復習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月04日

本日のDMM英会話 "Business -Telephoning 08-" Dealing with a wrong call

dog_call.jpg

Mr.Michaels is calling to check if the package has arrived.
<マイケルさんは、荷物が届いたか確認するために、電話をかけている。>

Mr.Michaels: Hello, has the package arrived?
<もしもし、荷物は届きましたか?>

Mrs. Walters: Hello sir, who is this?
<もしもし、どなたですか?>

Mr.Michaels: I'm Alan Michaels and I am trying to check if my package has arrived.
<私はアラン・マイケルです。私の荷物が届いたかを確認したいのです。>

Mrs.Walters: Mr.Michaels, I'm sorry but there is no package here. Who are you trying to reach?
<マイケルさん、残念ながら荷物はここにはありません。どなたに電話をかけようとしているんですか?>

Mr.Michaels: Oh, this isn't Mrs.Featherly? I was trying to call 555-5698. This isn't it, is it?
<あれ、この番号はフェザリーさんではないのですか?私は、555-5698にかけようとしていたんですが、
この電話はそれではないのですね?>

Mr.Walter: I am Walters. I'm afraid you've dialed the wrong number. This is 555-5689, not 5698.
<私はウォルターです。お気の毒ですが、あなたは間違った番号にかけています。こちらは、555-5689です。5698ではありません。>

Mrs.Michaels: I see. I am so sorry for the inconvenience.
<わかりました。ご迷惑おかけしてすみませんでした。>

Mrs.Walters: It's not a problem at all. Have a nice day.
<構いませんよ。それでは、良い一日を。>

Mr.Michaels: Have a nice day as well.
<あなたも良い一日を。>

-------------------------------------------------------------------------------------
Who are you trying to reach?:誰にコンタクトしようとしているんですか?
I'm afraid you've dialed the wrong number.:お気の毒ですが、あなたは間違った番号にかけています。
I am so sorry for the inconvenience.:ご迷惑おかけしてすみません。
It's not a problem at all.:それはまったく問題ではありません。(構いませんよ。)

私の職場にも、ときどき間違い電話がかかってきます。でも、幸い今までは日本語でした。
でも、すでに社内共通語を英語にしている企業もあるくらいですから、これからの日本はどうなるかわかりませんね。電話に出てみたら、相手が英語で話していたら一瞬戸惑ってしまうと思います。そんなときに会社の信頼を落とさないように、ふさわしい対応方法を覚えておきましょう。
もし、あなたが間違い電話をかけてしまったとしても、相手にいきなりガチャンと切られてしまったら、いい気分はしませんよね。

↓Thank you for your kind support as always! (^o^)/ ↓

ラベル:wrong call deal
posted by アキ at 07:52| Comment(0) | レッスン復習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。