2016年02月22日

Connecting with others 07: Cheering Up Your Co-worker

Jessie was reprimanded by her boss for doing a lousy job on her last project.
Kenny tries to cheer her up.
<ジェシーは、最近のプロジェクトでひどい仕事をしたので上司に叱られた。
ケニーは彼女を元気付けようとしている。>

Kenny: Hey Jessie! I could hear the shouting from over here, What's wrong?
<ケニー:やぁ、ジェシー!こっちまで怒鳴り声が聞こえてきたよ。どうしたの?>

Jessie: Kenny... The boss got very upset that I did a poor job on my last assigned project.
<ジェシー:ケニー、上司が私に最近割り当てられた仕事でヘマをやらかしたことに腹を立てたの。>

Kenny: Oh my, I'm sorry to hear that...
<ケニー:なんてことだ。そいつはお気の毒に。>

Jessie: I just had a really tough time with my kids at home and I couldn't concentrate.
<ジェシー:私は子供や家庭のことでとても大変な時期で、ただ仕事に集中できなかっただけなの。>

Kenny: I see...Well, it happens to the best of us. I'm sure you'll do better next time.
You're the best in the office at what you do.
<ケニー:そうか、それは誰にでも起こりうることだよ。君は次回はもっとうまくやれると信じているよ。
君は今やっていることに関しては、この職場で一番だよ。>

Jessie: Thanks for the support Kenny.
<ジェシー:気遣ってくれてありがとう、ケニー。>

Kenny: What's done is done and it's better to forget the past. It was just a one-time thing and now you'll continue to do a great job as you always do.
<ケニー:もう終わったことなんだから、過去のことは忘れるべきだよ。(ヘマは)今回だけで、君はこれからいつものように、すばらしい仕事をし続けてくれるんだろう。>

Jessie: I suppose so.
<ジェシー:そう思うわ。>

Kenny: You're the best, you know it, I know it and everyone knows it. Even the boss does. Now cheer up and let's go drink after hours.
<ケニー:君は一番だ、それは君もわかっているだろう。僕もわかっているし、みんなもわかっている。上司までもだ。さぁ、元気を出して、仕事が終わったら飲みにいこうよ。>

Jessie: Thanks, I'd love to. See you after hours.
<ジェシー:ありがとう。そうしたいわ。また、仕事が終わったらね。>

Cheer-Up-Better-Days-Are-Ahead.jpg
---------------------------------------------------------------------
cheer 人 up:人を元気付ける
What's wrong?:どうしたの?
I'm sorry to hear that:それは、残念ですね。
it happens to the best of us:それは私たちの誰にでも起こることだよ。
You're the best in the office at what you do:君は今の仕事ではこの職場のなかで一番だ。
What's done is done:もう起こってしまったことは、仕方がない。
It was just a one-time thing:一回だけしか起こらないこと。
after hours:仕事が終わった後に
---------------------------------------------------------------------

普段からはミスを起こさないように気をつけているつもりでも、誰でもミスを起こしてしまう時はあります。
そんな時に、むやみに落ち込むのではなく、前向きな対処ができるように、本人をなぐさめてたり、
元気付けてあげることができたら、カッコいいと思いませんか?
今回出てきた表現を使って、落ち込んでいる同僚を想像して、元気付けてみてください。
本当の友達や仲間は、本人がつらいときに見て見ぬフリをする人ではなく、そばにいてくれる人なので、
あなたへの信頼度もアップすることでしょう。
posted by アキ at 23:45| Comment(0) | レッスン復習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

Connecting others 08: Asking your junior staff to do a task

Harry's boss needs him to do a model replica of the building they are working on to show to some potential clients.
<ハリーの上司は彼に、見込み客にみせるための作成中の建物の複製模型をつくってもらおうとしている。>

Boss: Hey Harry, would you come to my office for a moment?
<上司:やぁ、ハリー。私のオフィスにちょっと来てくれないか?>

Harry: Right away boss.
<ハリー:すぐに伺います、ボス。>

Boss: Next Friday I have some potential clients coming in who are interested in our building. I need you to make a model replica of it.
<上司:次の金曜に私たちの建物に興味を持っている見込み客がくる予定なんだ。そこで君に建物の複製模型を作ってもらいたい。>

Harry: How big do you want it?
<ハリー:どのくらいの大きさにしましょうか?>

Boss:Make it about as tall as you.
<上司:だいたい君の背丈と同じくらいにしてくれ。>

Harry: Understood. Do you also want it painted or do you just want the model made?
<ハリー:了解しました。塗装もしたほうがいいでしょうか?それとも模型だけでいいですか?>

Boss: Painted as well. This coming meeting is privileged, so just make a point of prioritizing the task over all tasks.
<塗装もしてくれ。この打ち合わせは特別扱いなんだ、だから必ずこの仕事を最優先することを忘れないでくれ。>

Harry: Got it, boss. When do you want it finished?
<了解しました、ボス。いつまでに終わらせればいいでしょうか>

Boss: I want you to bring it in by Tuesday at noon at the latest.
<君には遅くても火曜の昼までには、持ってきてもらいたい。>

Harry: Ok, I'll go work on it straight away.
<オーケー。すぐに仕事に取り掛かります。>

-----------------------------------------------------------
need you to make: 「need 人 to do」で「人に○○してもらう必要がある」
want it painted: 「want O P.P.」で「○○を〜された状態にする」
make a point of prioritizing: 必ず忘れないように○○する
bring in O: ○○を提出する
at the latest: 遅くとも
work on O: ○○に取り掛かる
------------------------------------------------------------
junior-staff.jpg


部下を持つようになると、職場ではプロジェクトマネージメントや、室課の方針などを決めることも
多くなってきます。たとえ、直接自分がやってしまったほうが早い仕事だとしても、積極的に部下に依頼して代わりにやってもらうことも、部下に経験値を積ませるためには時には必要になるかもしれません。
自分が忙しい中、部下に仕事のやり方を教えるのは、ちょっと面倒だなぁと気後れするかもしれませんが、いったん部下が仕事を覚えてくれれば、その後は力強い戦力となってくれるのですから。
自分の脳内でリアルに職場の雰囲気をシュミレーションして、今回の表現を使ってみてください。
最初の数回は、うまく言えないフレーズがあると思いますが、口を慣らす練習だと思って、
音読していると、3回目、4回目と、回を重ねるたびに、スムーズに言える様になってくる自分に気づくはずです。
posted by アキ at 22:31| Comment(0) | レッスン復習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Connecting with others 06: Asking Your Co-worker for help

co-worker.jpg

Joel is having trouble finishing a monthly report and asks Mike for help.
<ジョエルは毎月提出するレポートに手を焼いていて、マイクに助けを求める。>

Joel: Hey Mike!
<ジョエル:やぁ、マイク!>

Mike: Oh, hey Joel! How are you?
<マイク:お、やぁ ジョエル!調子はどうだい?>

Joel: I'm fine thanks. Do you have some spare time?
<ジョエル:いいよ。どうも。ちょっと時間があったりするかな?>

Mike: I think so. What is it?
<マイク:あぁ、大丈夫だよ。何なんだい?>

Joel: This monthly report is killing me. I have so much data to analyze and not enough time. Do you think you could help me out with this?
<ジョエル:この毎月のレポートが大変なんだ。分析しなきゃならないデータがありすぎるのに、時間は限られているんだ。君にこれを手伝ってもらえたりするかな?>

Mike: Sure thing, I could give you a hand with this. I know what a pain making the monthly report can be.
<マイク:もちろんさ。手伝ってやるよ。毎月のレポートがどんなに面倒なのか、俺も知っているから。>

Joel: Thanks Mike, I owe you one.
<ジョエル:ありがとう、マイク。ひとつ借りができたな。>

Mike: You could buy me lunch and a beer.
<マイク:ランチとビールをおごってくれる?>

Joel: Of course. Lunch and beer it is. Thanks very much for your help.
<ジョエル:もちろんさ。ランチとビールね。手伝ってくれて本当にありがとう。>

Mike: No problem. That's what co-worker are for!
<マイク:なんてことないさ。同僚ってのは、そのためにいるんだから。>

----------------------------------------------------------------------
Do you have some spare time?: ちょっと時間ありますか?
is killing me: ○○が私を殺そうとしている→○○が本当に嫌だ。○○が死ぬほど痛い。
Do you think you could help me out with this?: これを手伝ってもらえますか?
give you a hand with this: (これをすることで)あなたを手伝います。
No problem: 問題ないよ。

どうしても、自分がこなせる能力以上に多くの仕事がきてしまって、終わらない時ってありますよね。
そんなときには、今回のような表現を使って、同僚に丁寧にお願いすることも検討してみるといいかもしれません。
もちろん、今回自分が手伝ってもらったら、次回は相手を手伝うという、Give & Takeの精神を忘れずに。
ラベル:Co-worker,ask,help
posted by アキ at 00:45| Comment(0) | レッスン復習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする