2014年10月02日

DMM英会話でレッスンを最大限に利用する3つのコツ

こんにちは。毎朝、DMM英会話で目覚まししている管理人のヨッシーです。
時がたつのは早いもので、私が2014年4月にDMM英会話を始めてから、もう半年がたちました。
ここで、今までレッスンを受けて、自分なりに気づいたこと、学習効果・効率を高めるコツをまとめてみようと思います。

1. レッスン前に予習する


study.jpg
レッスンを受ける前に、その日にやるレッスン内容を予習しておくことが大事です。
あなたが何かを学ぼうとするなら、当然自分の知らないことに毎回ぶつかっていくことになります。

そう考えると、レッスンで使用するテキストも、自分にとって、ちょっとチャレンジになるレベルを選ぶことが大事です。

簡単すぎても意味がないですし、逆に難しすぎても挫折してしまいます。
DMM英会話では、レッスンの予約前に、無料で使えるオンラインテキストを確認できるので、
その内容を見て、希望ページを先生にリクエストしましょう。

もし、何をやっていいのかすら検討がつかないのであれば、はじめの数回のレッスンは、自由会話を希望して、自分の英語レベルを先生にカウンセリングしてもらい、オススメのレベルを教えてもらうのもいいかもしれません。

希望のレッスンテキストが分からない人は、「私は何のために英会話を学ぼうとしているのか?」と基本に戻って考えれば、受けるべきレッスン内容も明確になると思います。

たとえば、海外旅行で英語を話したいと考えている人ならば、旅行をトピックにしたテキストを選ぶでしょうし、発音をネイティブ並みに流暢にしたいのであれば発音練習を、海外からのお客さまに接客する人や、職場に入ってきた外国人とコミュニケーションをとりたいと思っているなら、ビジネス英会話がいいでしょう。

ちなみに私は、カタコトの日常英会話は話せるレベルですが、仮定法や過去完了などの時制が使いこなしたい!、ビジネスで使える英会話を身につけたい!、と思ってDMM英会話を始めました。

自分が選んだテキストの中には、当然分からない単語や熟語などがあると思うので、それを事前に調べておくこと。(もし、全て知っている内容であれば、そんな簡単なレッスンを受ける価値自体がないです。
もうちょっと難しめのレッスンを受けましょう。)

事前に自分の知らない単語を調べておくだけでも、貴重な1回25分のレッスンの中で、単語の意味を説明してもらう時間を省けます。(単に単語の意味を調べるのであれば、先生なんて不要。辞書で十分ですよね。)

その分のレッスン時間で、発音を教えてもらったり、その他の関連表現や英語圏の文化などを紹介してもらったほうが、ずっと効率的です。

時間が取れる人は、一度内容を音読しておくと、スムーズに読めない単語や部分が出てくると思います。それが、だいたい自分に身についていない単語や表現なので、辞書を引くなり、チェックしておき、レッスン中に先生に聞いてみまましょう。

この、レッスン前の予習を毎回積み上げていくことで、かなりのスキルアップが期待できます。
最初はちょっと面倒かもしれませんが、レッスン内容もより深く理解できて面白くなりますので、オススメです。

2. 分からないことは即座に質問する


raise_hand.jpg
いくら事前に予習していても、先生の口から聞きなれない、新しい単語が飛び出してくることもあります。
そんなときは、流さずに、すぐ聞くクセをつけましょう。英語圏の文化では、"There are no bad questions."とも言われ、質問することは全く失礼に当たりません。むしろ、相手の話すことを熱心に理解しようとしている態度として、ポジティブに受け取られます。

先生の口から意味不明の言葉が出てきたら、すかさず、
"Excuse me. Can you say that word once again?"(すみませんが、もう一度その単語を発音してくれませんか?)、
"How do you spell that word?"(その単語はどういうつづりですか?)などと聞きましょう。

こうすることで、先生がその単語をもう一度発音してくれたり、チャットボックスに入力してくれたりしますので、その場でさらに新しい知識を得られることになります。

3. レッスン後に復習する


study2.jpg
25分のレッスンが終わったら、内容を簡単に復習しておきましょう。

予習の分も含めて、新しく出てきた単語や表現をノートにまとめおく、またはノートを用意するのが面倒に感じるのであれば、アプリの"メモ帳"を使ってもいいと思います。

重要なことは、今日遭遇した未知の部分を、忘れないように保存しておくことです。
そうすれば、後で「この単語、過去に見たことのある気がするなぁ。」と思った時に、すぐに調べて復習することができます。

人間は1回で新しい表現を覚えることはできず、その後何度か見直して、実際に使ってこそ、自分のものになっていきます。

これらのコツは、どれも地味なものが多いですが、どれも私には大きな効果がありました。
どんどんレッスンの満足度も上がり、実際、今ではTOEICもやっと900点を超えるレベルになりました。

同じ教材、同じ先生のレッスンを受けていても、これをやっている人とそうでない人の間には、
どんどん差がついていくと思います。

とはいえ、最初から無理をすると、すぐに挫折してしまいますので、まずは自分ができるところから、これらのポイントを実行して、自分の英語スキルを高めていってください。

英語に苦手意識を持っている人は、まずは実際に無料レッスンで、自分好みの先生を選び(笑)、自分の趣味や興味のあることについて会話をしてみると、楽しく英語に触れられるので、今までのイメージがガラッと変わると思いますよ。



-----------------------------------------------------------
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
また、気になる点・質問などありましたら、コメント残してもらえたらと思います。
↓Thank you for your kind support as always! (^o^)/ ↓

ラベル:コツ DMM
posted by アキ at 08:56| Comment(0) | オンライン英会話レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: