2015年01月06日

謹賀新年 in ベトナム

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

私は寒いのが苦手なので、この冬休みはベトナムで過ごしてきました。
南部・中部のホーチミン、ホイアン、フエ、ダナンをめぐって、ベトナムの今と昔に触れることができました。
1984.jpg
ちなみに、この写真は、世界遺産であるミーソン遺跡で、英語ガイドツアーに参加したときのものです。
世界各国からの旅行者が参加していました。

気温は暖かく、ホーチミンでは連日30℃前後の真夏日、フエでも25℃くらいの小春日和で、凍えるような日本とは違って、過ごしやすかったです。

2487.jpg
こちらは、市場の近くの路地をブラブラしていた時に出会ったご家族です。
七輪で焼いたオヤツをいただきました。

孤立化が進む日本に比べて、ベトナムでは家族の絆がとても強いように感じました。

この国は、アメリカを相手に10年間も続いたベトナム戦争によって疲弊し、経済成長が遅れてしまったようです。

ホーチミンにある戦争博物館には、当時のアメリカ軍の戦車や飛行機も展示してあり、多くの市民に被害をもたらした、枯葉剤による奇形児問題なども目の当たりにしました。
(日本でも、ベトちゃん、ドクちゃんの分離手術がニュースで報道されました。)

現地のガイドさんに聞くと、ベトナムは中国と同じ太陰暦でお正月は祝うそうで、もう少し後の時期になるのだそうです。
そのため、観光地以外は結構ひっそりとしていました。

ベトナムは、農業国家から工業国家への転換を図っているそうですが、観光地でも街のはずれまで歩いてみると、田畑が広がっていたり、海で投げ網漁をしていたりと、まだまだ農業や漁業で生計を立てているひとが多いようにと感じました。

私はベトナムを訪れるのが初めてだったのですが、ベトナム戦争でアメリカと戦った経緯もあるからか、現地で英語を話せる人が、ホテル関係者かツアーガイドの人位しかいませんでした。

その分、英語を身につけた人は、外国人相手に高い給料を得られるようで、英語が流暢に話せるガイドは現地でもかなりいい生活をしていました。

そのうちの一人は、以前勤めていた会社がつぶれてしまったので、40才を過ぎてから観光の専門学校に通い、国家認定日本語ガイドの資格をとったといいます。

やはり、自分の人生を切り開いていく人は、行動力が違います。
国の政策や自分の環境に言い訳せずに、自分の能力やスキルを高める努力をしています。

私達は、日本に生まれたということだけで、十分に発達した上下水道・インターネットなどの生活インフラ、整った法制度、美しい環境、高い道徳精神など、相当なアドバンテージを持っていることを、海外を旅することで感じることが多いです。

しかし、それらをどのように最大限に活用していくのか、それは私達次第です。

私も、新しい一年を迎えたので、心新たに英語学習に取り組んでいきたいと思います。
目標は大きく立てることが大事!
なので、今年の目標は、”TOEIC990点”としました。

今回の旅でも、観光地で耳にする欧米旅行者のネイティブスピードの英会話では、聞き取れない箇所がアチコチあり、歯がゆい思いもしましたが、うれしいこともありました。

カナダの大学に留学していたという韓国人の旅行者から、「英語の発音が自然ですね。あなたもどこかに留学していたんですか?」と言われたんです。

実は、英語があまり得意ではなかった私は、修行のために大学時代に、海外留学を考えていたのですが、
電卓を片手に、授業料や生活費などを計算してみると、とても親にお願いできるような金額でも、
自分でバイトをしてなんとかできる額でもなかったので、泣く泣く諦めた経験があります。

もちろん、宿泊先のホテルで出会った人なので、どこまでお世辞が入っているのかは分かりませんが、コツコツ毎日SKYPE英会話に取り組んでいる自分としては、ちょっとうれしい瞬間でした。(^^

たまには自分にご褒美を上げて、英語学習のモーチベーションを高めることも大事だと思いますので、外人が良く集まるカフェやバーなどに行って、非日常を味わってみてはいかがでしょうか。

今年もメリハリをつけて、楽しく英語を身につけていきましょう。

今年もよろしくお願いします。


↓Thank you for your kind support as always! (^o^)/ ↓



ラベル:新年 旅行
posted by アキ at 08:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月24日

Merry Christmas & Happy New Year! with "All I Want For Christmas Is You"

気づけば、もうクリスマス、年の瀬ですね。

とりわけ、今日はクリスマス!
↓クリスマスといえば、このクリスマスソングなしでは語れません。↓


ロックフェラーセンターで歌う、Mariah Careyの "All I Want For Christmas Is You"でした。

ちなみに、歌詞が分かると、いっそう楽しめると思います。
この曲の歌詞には、難しい単語はほとんどないので、ぜひ目を通してみてください。
一応、私のつたない意訳も載せておきますね。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
I don't want a lot for Christmas
There is just one thing I need
I don't care about the presents
Underneath the Christmas tree.

<私がクリスマスに望むものは、そんなに多くないの。
私の欲しいものは、ただひとつ。
私には、クリスマスツリーの下に置かれたプレゼントなんて
興味がないの。>

I just want you for my own
More than you could ever know
Make my wish come true
All I want for Christmas
Is you, you yeah.

<あなたには理解できないくらい、
私はあなたを自分のものにしたいだけ。
どうか私の願いを叶えて。
私がクリスマスに欲しいのは、アナタだけなの。>

I don't want a lot for Christmas
There is just one thing I need
And I don't care about the presents
Underneath the Christmas tree.

<私がクリスマスに望むものは、そんなに多くないの。
私の欲しいものは、ただひとつ。
私には、クリスマスツリーの下に置かれたプレゼントなんて
興味がないの。>

I don't need to hang my stocking
There upon the fireplace
Santa Claus won't make me happy
With a toy on Christmas Day.

<暖炉の上に靴下をつるしておく必要なんてないの。
クリスマスに、サンタクロースからおもちゃを
もらっても私はうれしくないから。>

I just want you for my own
More than you could ever know
Make my wish come true
All I want for Christmas is you
You baby.

<あなたには理解できないくらい、
私はあなたを自分のものにしたいだけ。
どうか私の願いを叶えて。
私がクリスマスに欲しいのは、アナタだけなの。
アナタだけ。>

Oh, I won't ask for much this Christmas
I won't even wish for snow
And I'm just gonna keep on waiting
Underneath the mistletoe.

<私はクリスマスにあまり多くのことを望んだりしないの。
私は雪さえ降らなくてもいい。
私はただヤドリギの下で待ち続けるわ。>
(ヤドリギの下にいる女子には、キスをしていいという
ジンクスがあります。)

I won't make a list and send it
To the North Pole for Saint Nick
I won't even stay awake to
Hear those magic reindeer click.

<私は欲しいものリストを作って、サンタクロースの
住む北極に送ったりしないし、魔法のトナカイの足音を
夜更かしして待ったりもしないわ。>

'Cause I just want you here tonight
Holding on to me so tight
What more can I do?
Baby all I want for Christmas is you,
You Baby.

<なぜなら、私は今夜ここであなたに
きつく抱かれたいだけだから。
私は何をすればいいの?
クリスマスに私が欲しいのはアナタだけなの。
アナタだけ。>

Oh, all the lights are shining
So brightly everywhere
And the sound of children's
Laughter fills the air.

<どこもかしこも街の明かりが
とても明るく輝いているわ。
そして、聞こえてくるのは子供達の笑い声。>

And everyone is singing
I hear those sleigh bells ringing
Santa, won't you bring me the one I really need?
Won't you please bring my baby to me?

<みんなの歌声が響く中、サンタがそりのベルを
鳴らしてやってくる。私の最愛の人を連れてきて。
どうか私に彼をつれてきて。>

Oh, I don't want a lot for Christmas
This is all I'm asking for
I just want to see my baby
Standing right outside my door.

<私はクリスマスに多くのことを望んだりしないの。
これが私の願い事。
私の家のドアの前に立っているあなたが見たいだけ。>

Oh, I just want you for my own
More than you could ever know
Make my wish come true
Baby all I want for Christmas is
You, You baby.

<あなたには理解できないくらい、
私はあなたを自分のものにしたいだけ。
どうか私の願いを叶えて。
私がクリスマスに欲しいのは、アナタだけなの。
アナタだけ。>

All I want for Christmas is you, baby
All I want for Christmas is you, baby
All I want for Christmas is you, baby
All I want for Christmas is you, baby.

<私がクリスマスに欲しいのは、アナタだけ。>

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

どうでしたか?
歌詞の意味を理解すると、なんとも甘すぎるじゃありませんか!
ちょっと羨ましいけど、一曲聴いている間に、虫歯になりそうです。(笑)

ちなみに、ヤドリギとは、こんなやつです。↓
mistletoe.png

そういえば、実家にいるときには、家族でクリスマスツリーをデコレーションしたりしてましたが、
一人暮らしをしていると、たまにそんな些細なイベントが、ちょっと恋しくなったりします。

脱脂綿でできた雪を、いかにふんわり枝に載せるか。ここに細心のテクニックが要求されるんですよ。
お子さんをお持ちの方は、ちょっとブサイクになったとしても、ぜひ子供にデコらせてあげてくださいね。

今回の曲のように、自分の好きな、音楽、映画、ブログなど、アチコチから興味のあるテーマを通して英語を学ぶことで、継続できるのでオススメです。

SKYPE英会話の時間だけでなく、日常のいろんな場面で、英語を楽しみながら身につけていきましょう。


来年も、マイペースに楽しみながら英語を学習していきますので、どうぞ来年もよろしくお願いします。
それでは、ちょっと早いですが、皆さん、良いお年を!

Merry Christmas & Happy New Year!!〜☆ (^▽^)/

↓Thank you for your kind support as always! (^o^)/ ↓

ラベル:song NEW YEAR Christmas
posted by アキ at 21:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

Happy Halloween!

いかがお過ごしでしょうか?
東京などでは、今週末はHalloweenのイベントで、仮装した人たちが街を練り歩いたりして盛り上がったみたいですね。
でも、地方都市に住んでいる私にはあまり関係ないのが、ちょっと寂しいです。(>_<;
halloween.jpg

今朝のレッスンで、セルビアに住んでいるDMMの英会話講師に、ハロウィーンの習慣について聞いたところ、10代くらいまでは友人や学生同士で集まってパーティーする人もいたりするけど、大人にはあまり関係ないイベントのようです。
知り合いの講師の中には、生徒の気分を盛り上げるために、魔法使いやドラキュラなどの仮装をしてレッスンをしている人もいるとのことですが…。(笑)

ハロウィーンの起源について知りたい方は、こちらをどうぞ。(音声あり)
実は、2000年も前からある習慣みたいですね。

-----------------------------------------------------------
英語を学んでいくと、単語だけでなく、その国の文化を知ることで、より相手の示唆している
意味が理解できます。
よく分からないイベントなどが出てきたら、自分でどんどん調べてみると、何気ないことにも意味があったりして面白いですよ。
今回は、季節がらHalloweenを紹介しましたが、Thanksgivingや、Easterについては知っていますか?

また、気になる点・質問などありましたら、コメント残してもらえたらと思います。
↓Thank you for your kind support as always! (^o^)/ ↓

ラベル:HALLOWEEN origin
posted by アキ at 13:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月15日

英語を学んではいけない理由

急激にグローバル化が進む今日では、英語の
存在は職場でも教育の場でも避けられなく
なってきています。
globalization.jpg

そんな中、英語を身につけようと英会話教室に
通う人もいますが、私は現在の選択としては
あまり効率的ではないと感じています。

なぜなら、単純に英会話を学ぼうとすると、
レバレッジが効かない
からです。

これはどんなことかというと、英語圏に
育った人ならば「英語を学ぶ」ということはなく、
たとえば、高校や専門学校、大学などに通い、
「英語で何かを」学んでいます。

つまり、英語で聞いたり話したりすることで、
その他の分野の知識を学んでいます。


私は英会話の学校に通うくらいなら、
英語でビジネスを教えてくれる
オンラインの学校に入学したいです。

英語で、マーケティング、心理学や
マネジメントを学べれば、その分野の
専門用語なども覚えられるので、
将来、英語でビジネスをする際もそのまま
活用できます。

人によっては、趣味を英語で学んでもいいと思います。

読書が好きな人は、自分の単語力にあった本を読むことで、
どんどんと英語の力がついていきます。
単語も単語帳で学ぶのとは違い、文として覚えたほうが
記憶に残ることも分かっています。文として覚えると、
動詞がどのような文型をとるのか、その使い方まで一緒に
分かるからです。

音楽が好きな人は、曲を洋楽に変えることで、
どんな歌詞なのか気になって調べるようになります。
そうすることで、自然と語彙力も向上していきます。

とはいっても、中学生までに習うような、基本的な
英語の基礎力(発音、文法、基本語彙、句動詞)などは
必要になってきますので、これを確実にするために、
英会話を学ぶのは必要だと思います。

そして、だんだん英語に慣れて思い出してきたら、
「一石二鳥で英語を学ぶにはどうすればいいのか?」
を考えるようにしてください。

-----------------------------------------------------------
最後までお読みいただきありがとうございます。
もし、気になる点・質問などありましたら、コメント残してもらえたらと思います。
↓Thank you for your kind support as always! (^o^)/ ↓

posted by アキ at 22:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

私たちは、今までになく恵まれた時代にいる。

はじめまして。英語学習中の三十路サラリーマン、ヨッシーです。
avator.jpg
私は、現在全く英語とは関係ない職場で働いています。

私は、最初は英語に対して苦手意識があったものの、
最近では英語で会話ができるようになり、少しずつ面白くなってきました。

私は自宅にいる間、インターネットを使って多くの英語の情報に触れています。

インターネットが普及したことで、
テキストだけでなく、音声、動画など、
あらゆる形態で、私たちは家にいながら、
英語を学習することができるようになった
のです。

そのひとつが、私が今やっている、オンラインの
SKYPE英会話です。
skype_english.jpg

通学する英会話教室だと、仕事のある平日に
通うのは大変だし、料金も高いので、
私は今まで通ったことがありません。

しかし、この方法なら、低コストで、
受講する時間も融通が利きます。

極端な話、朝ベッドから起きて、
パンツ一枚でもすぐレッスンが受けられます。

PC_in_pajama.jpg

(ビデオを使って講師とレッスンするのであれば、
上半身は何か着ておいてください。笑)

もし、アナタがまだ経験したことがなければ、
私は迷わず、このオンライン英会話を
オススメしたいと思います。

無料体験があるところも多いので、
ぜひ一度試してみてください。

私は、レッスン価格と無料教材の多さで選んで、
DMM英会話で学習することにしました。

-----------------------------------------------------------
最後までお読みいただきありがとうございます。
もし、気になる点・質問などありましたら、コメント残してもらえたらと思います。
↓Thank you for your kind support as always! (^o^)/ ↓

posted by アキ at 01:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。